Minha conta
0
0
  1. Principal
  2. 宮本武蔵 全8巻 セット (吉川英治歴史時代文庫) 講談社 Miyamoto Musashi Edição Japonesa em 8 Volumes

宮本武蔵 全8巻 セット (吉川英治歴史時代文庫) 講談社 Miyamoto Musashi Edição Japonesa em 8 Volumes

1 em estoque | Outros produtos KODANSHA
(0)
R$ 702,60
Não sei meu CEP?
Descrição


Descrição:
Coleção completa em formato bunko de Musashi Miyamoto de Yoshikawa Eiji, um dos maiores bestsellers da literatura japonesa.

Como foi a vida do maior samurai da história do Japão? Entre lenda e relato histórico, Yoshikawa Eiji nos narra a longa jornada de Musashi.

宮本武蔵 全8巻 セット
吉川英治歴史時代文庫
講談社:

1.
野に伏す獣の野性をもって孤剣をみがいた武蔵が、剣の精進、魂の求道を通して、鏡のように澄明な境地へ達する道程を描く、畢生(ひつせい)の代表作。若い功名心に燃えて関ヶ原の合戦にのぞんだ武蔵(たけぞう)と又八は、敗軍の兵として落ちのびる途中、お甲・朱実母子の世話になる。それから1年、又八の母お杉と許嫁(いいなずけ)のお通が、2人の安否を気づかっている作州宮本村へ、武蔵は1人で帰ってきた。

2.
沢庵の温かい計らいで、武蔵は剣の修行に専念することを得た。可憐なお通を突き放してまで、彼が求めた剣の道とは? だが、京畿に剣名高い吉岡一門の腐敗ぶり。大和の宝蔵院で味わった敗北感、剣の王城を自負する柳生の庄で身に沁みた挫折感。武蔵の行く手は厳しさを増す。一方、又八は堕ちるところまで堕ちて、偶然手に入れた印可目録から、佐々木小次郎を名乗ったりする。

3.
吉岡清十郎と雌雄を決す!武蔵の年来の宿望は、ここに実現の運びとなった。時、慶長10年正月9日。場所は京都・蓮台寺野。もし武蔵が勝てば、その名声は京畿を圧するだろう。――武蔵は思いのままに戦い、勝利をおさめたが、彼の得たものは、心の虚しさでしかなかった。一方、蜂の巣を突いたような吉岡一門から、一門きっての暴れん坊、吉岡伝七郎が鎌首をもたげてきた。

4.
いまや、武蔵は吉岡一門の敵である。清十郎の弟・伝七郎が武蔵に叩きつけた果し状! 雪の舞い、血の散る蓮華王院。つづいて吉岡一門をあげての第2の遺恨試合。一乗寺下り松に、吉岡門下の精鋭70余人が、どっと武蔵を襲う。――「1回1回の原稿の出来上るまでは、主人の気迫が反映して、私どもまで緊張につつまれる毎日」だったと、文子夫人は当時の著者を回想している。

5.
吉岡一門との決闘を切り抜け、武蔵は多大の自信とそれ以上の自省を与えられた。そしてまた、大勝負の後に訪れたゆくりなき邂逅。それはお通であり、又八であり、お杉婆(ばば)であり、宿命の人・小次郎であった。その人々が、今後の武蔵の運命を微妙に織りなしてゆく。山ならば3合目を過ぎて、いま武蔵の行く木曽路、遥かな剣聖を思い、お通を案じる道中は、4合日の急坂にかかる。

6.
長い遍歴をともに重ねてきた城太郎は、木曽路でぷっつり消息を絶ち、武蔵は、下総(しもうさ)の法典ヶ原で未墾の荒野に挑む。恃(たの)むべき剣を捨て、鍬を持った武蔵。これこそ一乗寺以後の武蔵の変身である。相手は不毛の大地であり、無情の風雨であり、自然の暴威であった。――その頃、小次郎は江戸に在って小幡一門と血と血で争い、武蔵の“美しい落し物”も、江戸の巷に身を寄せていた。

7.
わが国の新聞小説で『宮本武蔵』ほど反響をよんだ小説はないであろう。その1回1回に日本中が一喜一憂し、読者は武蔵とともに剣を振い、お通とともに泣いた。そしていまひとつ気になる存在――小次郎の剣に磨きがかかればかかるほど、読者は焦躁する。その小次郎は、いち早く細川家に仕官するという。宿命の敵、武蔵と小次郎の対決のときは、唸りをうって刻まれてゆく。

8.
当初、200回ぐらいの約束で、新聞連載が開始されたが、作者の意気込み、読者・新聞社の熱望で、1000余回の大作に発展した。一度スタートした構成を途中から変えることは至難だが、さすがは新聞小説の名手。ただし構成は幾変転しようと、巌流島の対決で終局を飾ることは、不動の構成であった。作者が結びの筆をおいたとき、12貫の痩身は、10貫台に――。文字通り、鏤骨(るこつ)の名作。


Completo em 8 volumes

(Parte da série de Obras Completas de Yoshikawa publicadas pela Kodansha)
Textos em Japonês (NÃO contém furiganas).


Dados do Produto:
1.
宮本武蔵(一) ISBN 9784061965140
2. 宮本武蔵(二) ISBN 9784061965157
3. 宮本武蔵(三) ISBN 9784061965164
4. 宮本武蔵(四) ISBN 9784061965171
5. 宮本武蔵(五) ISBN 9784061965188
6. 宮本武蔵(六) ISBN 9784061965195
7. 宮本武蔵(七) ISBN 9784061965201
8. 宮本武蔵(八) ISBN 9784061965218

Autor/Artista: Eiji Yoshikawa

Coleção completa em 8 volumes
Idioma: Japonês
Editora: Kodansha
Coleção: Miyamoto Musashi
1ª Edição (bunko): 1989
Tipo: Livro
Capa: Brochura com Sobrecapa
Formato: 8 volumes formato 10,5 x 15cm (bunko), 3200 páginas aproximadamente

0 Avaliações
Tags

Produtos Relacionados


Deseja receber nossas novidades por e-mail? Insira seu e-mail no campo abaixo e fique por dentro das novidades.